利 用 規 約

第1条(規約の適用)

株式会社ダイヤモンドファンタジー(以下、「当社」という。)は、利用規約(以下「本規約」という)に基づき、インターネットアフィリエイト広告サービスを提供します。

 

第2条(定義)

1 本規約における次の用語は、以下の意味を有します。

⑴ 「本サービス」とは、当社が提供する、広告掲載を希望する広告主と広告掲載業務を希望する者とを仲介するサービスをいいます。

⑵ 「アフィリエイター」とは、本規約に同意のうえ本サービスの利用を申込み、当社がこれを承諾した者(個人、法人、その他の団体をすべて含みます)をいい、自らの管理するWeb上において広告掲載を行う者をいいます。

⑶ 「ログインID」とは、本規約に基づき当社が発行する、アフィリエイターを識別するための符号をいい、「パスワード」とは、ログインIDと組み合わせて本サービスを利用するための符号をいい、「ログインURL」とは、本規約に基づき当社が発行する、アフィリエイターが本サービスを利用するためのインターネット上のアドレスをいいます。

⑷ 「アクセス情報」とは、ログインID、パスワード、ログインURLをいいます。

⑸ 「管理画面」とは、アフィリエイターがアクセス情報を利用し、データの登録・閲覧・確認等、本サービスを利用するためのWebページをいいます。

⑹ 「広告」とは、特定の広告主の要望により、本サービスを利用し、広告主の名称、商品、サービス名、販促キャンペーンその他の広告及び宣伝事項等を顧客に伝達するものをいいます。

⑺ 「媒体」とは、アフィリエイターの管理運営するWebページやアプリケーションの一部または全部に本サービスの配信基準に従って広告を掲載する広告枠をいいます。

(コ)「広告素材」とは、広告を配信する際に使用する画像、文言、URLをいいます。

(サ)「広告原稿」とは、広告素材と配信条件等を組み合わせ媒体へ配信される情報をいいます。

 

第3条 (目的及び適用範囲)

1 本規約は、アフィリエイターが本サービスを利用するに際しての、当社とアフィリエイターとの間の法律関係・利用条件を規定したものです。

2  本規約とは別に当社が規定を定める場合は、それぞれ本規約の一部を構成するものとします。

3 本規約の規定と前項の諸規定や個別に締結される契約の内容が異なる場合には、当該諸規定の内容が優先して適用されるものとします。

 

第4条 (広告等の登録)

1 本サービスへのサイト等の登録を希望するアフィリエイターは、当社所定の手続に従って登録の申請をするものとし、登録申請の時点で、本規約を理解しこれに同意しているものとみなします。

2 当社は、前項の登録申請を受け付けた場合には、当社所定の審査及び手続等に従って当該登録申請の承諾の可否を決定するものとし、登録申請を承諾するときは、当該サイト等の本サービスへの登録を行い、当該登録申請者に対して、登録完了の旨を通知するものとします。

3 当社が前項の通知を送信した事実をもって、当該登録申請者と当社との間で、本規約 (本サービスに関して当社が他に定めた規定があれば当該規定を含む) を内容とする本サービスの利用契約 (以下、「本契約」といいます。) が成立するものとします。

4 当社は、登録申請の拒絶を決定した場合においても、拒絶したことに関して、申請者に対して一切責任を負わず、かつその理由を申請者に開示する義務も負わないものとします。

5 以下の各号のいずれかに該当する方は、サイト等の登録申請を行うことはできません。

⑴ 日本国内に在住していない方及び日本国内に本店を有さない法人

⑵ 未成年者であって、事前に親権者の同意を得ていない方

⑶ コンピュータ又は携帯電話等を利用したインターネット接続環境若しくはメールアドレスを保有していない方

⑷ 過去に当社からサイト等への登録を抹消されたことのある方

⑸ その他当社が登録を不適当と認めた方

6 以下の各号のいずれかに該当するサイト等については、本サービスへの登録申請を行うことはできません。

⑴ 法令(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律、不当景品類及び不当表示防止法、不正競争防止法、売春防止法、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律、インターネット異性紹介事業を利用して児童を勧誘する行為の規制等に関する法律、特定商取引に関する法律等を含むがこれらに限定されない。)に違反する表現・内容を含むもの

⑵ 第三者の名誉を毀損し、またはプライバシー権、肖像権、パブリシティー権等の権利を侵害するおそれのある表現・内容を含むもの

⑶ 第三者の著作権、商標権、意匠権、その他の知的財産権を侵害し、侵害するおそれのある表現・内容を含むもの

⑷ 人種差別、性差別等の差別的表現・内容を含むもの

⑸ わいせつ、児童ポルノ若しくは児童虐待に関する表現・内容を含むもの

⑹ 犯罪、違法行為等を示唆、助長、誘発するもの

⑺ 無断で第三者に抗告、宣伝若しくは勧誘のメール等を送信する内容、又は社会通念上嫌悪感を抱かせ若しくはそのおそれのあるメール等を送信するもの

⑻ ねずみ講、マルチ商法等のネットワークビジネスに関わるもの

⑼ 宗教関連の勧誘を行っていると認められる表現及び内容を含むもの

⑽ 内容が確認できない又はほとんど無いと考えられるもの

⑾ 広告を掲載する媒体における広告掲載基準に合致しないもの

⑿ 公序良俗に反する表現・内容を含むもの

⒀ 本項各号に抵触するサイトへのリンクがあるもの

⒁ 隠しページのあるもの

⒂ ID又はパスワードで制限される等、当社がその一部又は全部の内容を確認できないもの

⒃ その他、当社が不適切と判断したもの

 

第5条 (報酬の支払い)

1 アフィリエイターが、本サービスを利用してアフィリエイターの管理する媒体に広告を掲載し、当該広告の広告主が設定した成果条件が成就したときは、当社はアフィリエイターに対して報酬(以下、「報酬」といいます。)を支払います。

2 当社がアフィリエイターに対して支払う報酬 (消費税別) は、当社が提供する本サービスの管理画面上で広告主が承認し、かつ広告主から当社に実際に支払われたものに限ります。なお、広告主がアフィリエイターの報酬の一部でも、当社へ支払うことが遅延した場合、当社は広告主から金額の支払があるまで、アフィリエイターへの支払を留保することができるものとします。この場合、当該留保期間に生じたアフィリエイターのいかなる損害についても、当社では一切責任を負わないものとします。また、支払留保期間について利息は生じないものとします。

3 当社は、アフィリエイター又は第三者による本規約違反、不法行為又は不正行為等(不正クリックその他の詐欺的又は不正な手段、手法を用いて当社又はアフィリエイターに損害を与えようとする行為を含みますが、これに限られません。以下、「不正行為等」といいます。)の結果として報酬が発生したと判断した場合には、当該報酬に対応する報酬をアフィリエイターへ支払いません。また、報酬を支払った後に不正行為が発覚した場合は、アフィリエイターは速やかに当該報酬を当社指定方法により当社へ返還または精算します。

4 アフィリエイターが不正又は不正したと疑われる事情により、それに関する調査が必要であると判断した場合には、当社は必要な調査を完了するまで、アフィリエイターへの成果報酬の支払いを停止することができます。その場合に生ずるすべてのアフィリエイターその他第三者への損害に対して、当社は一切の責任を負わないものとします。

5 当社は、アフィリエイターが複数のアクセス情報を利用する場合、アクセス情報毎に報酬額を集計します。

6 報酬額は、媒体ごとに毎日集計し、本サービス上でアフィリエイターに報告します。

7 当社は、報酬額の累計が当社の別途定める最低振込額(以下「最低振込額」という。)を超過した場合、翌月末日限りアフィリエイターが本サービスを通じて登録・指定した銀行口座(以下「アフィリエイター指定口座」という)へ振込みます。なお、アクセス情報毎に別途当社が指定する振込手数料等(以下「振込手数料等」という)はアフィリエイターの負担とします。

8 アフィリエイター指定口座が次のいずれかに該当する場合、アフィリエイターがいずれにも該当しない口座に指定を変更するまでの間、当社は報酬の支払いを留保します。

⑴ アフィリエイター名義ではない口座

⑵ 日本国外の口座

⑶ その他、当社が振込送金できない口座

9 前項記載の事項に該当する又はアフィリエイター指定口座の誤り等により当社から報酬の支払ができない場合は、当社からその理由をアフィリエイターに通知します。アフィリエイターがその要因を取り除き当社にその旨を報告したときは、当社は、その報告を受けた月の翌月末日限りこれを支払います。

 

第6条 (アフィリエイターの義務等)

1 アフィリエイターは、本サービスへの登録を受けたサイト等が第4条6項各号のいずれにも該当しないことを当社に対して保証するとともに、該当事由が発生しないようサイト等を管理運営しなければならないものとします。

2 アフィリエイターは、当社が、システムを利用する等方法でアフィリエイターが運営するサイト等における不正行為等の監視を行うことにつき、事前に異議なく承諾するものとします。

3 当社は、本サービスの運営に際し、アフィリエイターに対し適宜メールによる連絡を行うことがあります。また、アフィリエイターは当社から情報メールを送付することにあらかじめ同意するものとします。

4 アフィリエイターは、本規約に基づいて発生した契約上の地位及び権利義務 (報酬請求権を含みます。) を、その全部又は一部を問わず、第三者に譲渡又は貸与若しくは担保設定等をしてはならないものとします。これらの行為が行われた場合には、当社は催告無くして直ちに登録を抹消し、本契約を解除できるものとし、この場合にアフィリエイターが被ったいかなる責任についても当社は責任を負いません。

第7条 (禁止事項)

1 アフィリエイターは、第4条6項各号のほか、本サービスを利用して以下の行為を行わないものとします。

⑴ 広告主が特に禁止する表現・広告を掲載し、また特に禁止する掲載サイトに広告掲載をする行為

⑵ 他のアフィリエイター又は当社若しくは第三者に不利益、損害を与える行為

⑶ 本サービスの運営を妨害する行為

⑷ 本サービスの信用を失墜、毀損させる行為

⑸ 虚偽の情報を登録する行為

⑹ 同一アフィリエイターによる複数登録する行為

⑺ 当社が指定した設定の範囲を超えて、指定広告の掲載設定を行う行為

⑻ 当社が指定した指定広告の掲載設定を変更し、又は第三者をして変更させる行為

⑼ 当社が指定した指定広告の掲載設定を使用して、サイト等以外でバナー広告等を掲載する行為

⑽ ユーザーに対して著しく誤認させて誘因させる行為

⑾ その他、当社が不適切と判断する行為

2 アフィリエイターは、前項各号に違反して当社に何らかの損害を被らせた場合、当社に対して当該損害(弁護士費用を含みますが、これに限られません。)の全部を速やかに賠償しなければならないものとします。

 

第8条(アフィリエイターによる秘密保持)

1 本条において、「秘密情報」とは、本契約又は個別契約のために当社又は広告主がアフィリエイターに対して開示する技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報をいいます。ただし、次の各号のいずれかに該当することをアフィリエイターが証明した情報は、秘密情報から除外されるものとします。

⑴ 開示の時点で既に公知であった情報

⑵ 開示以降、アフィリエイターの責めに帰すべき事由によらずに公知となった情報

⑶ アフィリエイターが秘密情報を受領する以前に、正当に保持していた情報

⑷ 秘密情報を使用することなく、アフィリエイターが独自に取得又は開発した情報

⑸ アフィリエイターが開示当事者より受領後、権利を有する第三者から守秘義務を課されることなく開示を受けた情報

2 アフィリエイターは、以下の各号に定める場合を除き、秘密情報を第三者に開示することはできません。

⑴ 本契約のために必要最小限の自己の役員及び従業員に開示するとき(ただし、本契約のために客観的かつ合理的に必要な範囲の秘密情報に限る。)

⑵ 本契約のために弁護士、公認会計士等の法律上の守秘義務を負う専門家に開示するとき

⑶ 当社又は広告主が書面により事前に承諾した第三者に開示するとき(ただし、当該第三者に対して本契約における受領当事者の義務と同等の義務を課すことを条件とする。)

⑷ 法令、行政当局又は裁判所により開示することが義務付けられ、これに基づき開示するとき

3 アフィリエイターは、秘密情報を本契約又は個別契約の履行の目的のためにのみ使用し、その他の目的に一切使用することはできません。

4 アフィリエイターは、本条に違反し、又は違反するおそれがある事態が生じたときは直ちにその旨を当社に報告するとともに、秘密情報の流出による当社又は広告主の損害を最小限にとどめるための適切な措置を講じなければなりません。

5 アフィリエイターは、本契約が終了したときは、直ちに秘密情報の記録された文書その他の媒体及びそれらの複製物の一切を、当社又は広告主の指示に従い返還又は廃棄するものとします。また、アフィリエイターは、当社又は広告主の指示に基づき秘密情報の記録された文書等及びそれらの複製物を廃棄した場合において、当社又は広告主の請求があったときは、遅滞なく廃棄に関する証明書を提出しなければなりません。

 

第9条(個人情報)

1 アフィリエイターは、本契約に基づいて、当社又は広告主から個人情報の取扱いを委託された場合、以下の各号に掲げる事項を遵守するものとします。

⑴ 個人情報の取扱いに関する管理責任者を定めること

⑵ 個人情報が記録された媒体の保存場所に施錠又はパスワードロックを施すなど、個人情報を厳 格に管理し、その他個人情報の安全管理のために必要となる一切の措置を講じること

⑶ 正当な理由なく、個人情報を外部に持ち出さないこと

⑷ 個人情報に接することできる者を合理的に必要と認められる範囲に限定すること

⑸ 本契約及び個別契約を履行する目的のためにのみ個人情報を使用し、第三者に一切開示又は漏洩しないこと

⑹ 当社又は広告主の事前の書面による承諾なく、個人情報を複製又は加工しないこと

⑺ 個人情報の取扱いに関する必要かつ適切な社内規程を整備したうえで、自己に属する役員及び従業員に対し、必要かつ適切な指導、監督、研修及び教育を行うこと

⑻ 個人情報の取扱いを再委託する場合は、事前に相手方の書面による同意を得るものとし、本契約上自らに課せられるのと同等の義務を当該再委託先にも課すこと

⑼ その他個人情報の保護に関する関連法令、個人情報保護委員会の制定する規則及びガイドラインを遵守すること

2 当社又は広告主は、アフィリエイターに対し、個人情報の取扱いに関する本契約の遵守状況の報告を求めることができ、必要に応じて、個人情報が適正に取扱われているかどうかを確認するために、相手方の業務遂行に支障が及ばない範囲において、相手方の事業所内への立入調査を要求することができます。この場合、アフィリエイターは、正当な理由のない限り、当該要求を拒むことはできないものとします。

3 アフィリエイターは、第1項各号の規定に違反した場合、速やかに相手方にその旨連絡し、当社又は広告主の指示に従って、必要な対応策及び再発防止策を講じるものとする。

4 アフィリエイターは、本契約が終了した場合又は当社又は広告主の要求があった場合は、相手方の指示に従って、個人情報を当社又は広告主に返還し、又は適切に破棄しなければならない。

 

第10条 (当社による秘密保持及び登録情報の保護)

1 当社は、アフィリエイターが本サービスの使用に際して登録した情報等、本サービスの提供・運営に伴って当社が知り得たアフィリエイターの情報 (以下、「登録情報等」といいます。) について、以下の場合を除き、本人以外の第三者に開示しないものとし、かつ本サービスを提供していく上で必要な範囲を超えて利用しないものとします。

⑴ サービスの向上等の目的で登録情報を集計及び分析等する場合

⑵ 前号の集計及び分析等により得られたものを、個人を識別又は特定できない態様にて提携先等第三者に開示又は提供する場合

⑶ 本サービスに関わる部分の営業譲渡・事業承継が行われ、譲渡先・承継先に対して法的に権利義務一切が引き継がれる場合

⑷ 個人情報の開示や利用についてアフィリエイターの同意がある場合

⑸ アフィリエイターが希望するサービスを提供するために、個人情報の開示や利用が必要と認められる場合

⑹ アフィリエイターにサービスを提供する目的で、当社と別途契約を締結した第三者が個人情報を必要とする場合

⑺ 当社の裁量により、アフィリエイターの登録情報により種別を設けて、異なるサービスを提供する場合

⑻ 裁判所の発する令状その他裁判所の決定、命令又は法令に基づき開示する場合

⑼ 検察・警察・監督官庁からの適法・適式な登録情報等の照会があった場合

⑽ 法令上守秘義務を負う弁護士、税理士等に開示する場合

⑾ 当社、アフィリエイター、その他第三者の権利、財産やサービス等を保護・防衛するために必要と認められる場合

⑿ 人の生命、身体及び財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合

2 アフィリエイターは、当社が登録情報等を本条に定める通りに利用することについて、あらかじめ同意するものとし、異議を述べないものとします。

 

第11条(著作権等の権利)

当社が本サービスにおいて提供する画面デザインおよび本サービスを提供するためのプログラムその他の著作物に関する著作権その他の一切の権利は、当社または原権利者に帰属します。

 

第12条 (本サービスの一時中断・停止)

1 当社は、次の各号に該当する場合には、アフィリエイターに事前に連絡することなく一時的に本サービスの一部若しくは全部を中断・停止することがあります。

⑴ 本サービスのシステムの保守、点検、修理、変更を定期的に又は緊急に行う場合

⑵ 本サービス用設備に障害が発生し、やむを得ない場合

⑶ 第一種電気通信事業者又はその他の電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して電気通信サービスの利用が不能になった場合

⑷ 火災、停電などや、地震、噴火、洪水、津波、疫病などの天災により、本サービスの提供が困難な場合

⑸ 戦争、変乱、暴動、争乱、労働争議などにより本サービスの提供ができなくなった場合

⑹ 第三者による本サービスのシステムの破壊や妨害行為 (データやソースコードの改ざん・破壊を含む) などにより運営ができなくなった場合

⑺ その他、運用上又は技術上、当社が本サービスの一時的な中断・停止を必要と判断した場合

2 前項により本サービスの提供を中断または一時停止する場合、当社は事前に本サービスの掲示板、文書、電子メールまたは当社のホームページへの掲載その他の方法により、アフィリエイターにその旨を通知するものとします。ただし、緊急またはやむを得ない事由により事前通知が不可能な場合には、事後速やかに通知するものとします。

3 第1項の中断または停止によりアフィリエイターおよび第三者が被った損害、およびサーバもしくはソフトウェア等の障害または当該障害の修復作業に関連して生じたハードウェアディスク等の補助記憶装置内のアフィリエイターデータの滅失、毀損等については、当社は一切その責を負いません。

 

第13条(利用の停止)

当社は、アフィリエイターが次のいずれかに該当する場合は、何らの催告を要せず直ちに本サービスの利用を停止することがあります。

⑴ 利用申込内容に虚偽の記載のある場合

⑵ 申込内容に変更があるのに変更の届出がない場合

⑶ 所在不明等を含め、当社からの問合せ等に応じず、信義に反する場合

⑷ アクセス情報が正当なアフィリエイターでない第三者に使用された場合、またはその恐れがある場合

⑸ アフィリエイターの行う事業が法令または公序良俗に違反にあたる場合、またはその恐れがある場合

⑹ アフィリエイターの行う事業が当社の企業イメージを損なう場合、またはその恐れがある場合

⑺ アフィリエイターが過去に本規約違反等により、本契約の停止または解除・抹消等が行われたことが判明した場合

⑼ 本規約第22 条(利用許諾の制限)の規定に違反した場合

⑽ 本規約第 7 条(禁止事項)に記載される行為を行った場合、またはその恐れがある場合

⑾ アフィリエイターが反社会的勢力であること、もしくは、反社会的勢力に協力・関与しているおそれがあると当社が判断する場合

⑿ 刑事違反の疑いにより警察あるいは検察当局の捜査の対象とされた場合

⒀ 本規約に違反した場合

⒁ その他、当社不適当と判断する行為を行った場合

 

第14条(解除)

1 アフィリエイターは、当社所定の手続に従い、いつでも自由に本サービスへのサイト等の登録抹消を申請できるものとし、当社は当該登録抹消申請が行われたサイト等の本サービスへの登録を抹消するものとし、当該登録抹消をもって本契約が将来的に解除されたものとします。

2 アフィリエイターが次の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合には、当社は、アフィリエイターに対する何らの催告を要せず、直ちに本契約を解除することができます。

⑴ 本規約の条項に違反した場合

⑵ 当社への申告、届出内容に虚偽があった場合

⑶ 支払停止、支払不能に陥ったとき、又は差押え、仮差押え、仮処分、競売の申立て、公租公課の滞納処分その他公権力の処分を受けたとき

⑷ 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始の申立てを受け、または申立てをなしたとき

⑸ 解散または事業の全部若しくは重要な部分の譲渡決議をしたとき

⑹ 事業を廃止したとき

⑺ 監督官庁より事業停止命令を受け、または事業に必要な許認可の取消処分を受けたとき

⑻ 自ら振り出しもしくは裏書した手形、小切手が不渡りとなったとき

⑼ その他前各号に準ずるような本規約を継続し難い重大な事由が発生した場合

⑽ 株主構成、役員の変動等により会社の実質的支配関係が変化し従前の会社との同一性が失われた場合

⑾ 相手方に対する重大な背信行為及び信頼関係を破壊する行為があった場合

3 前項により本契約を解除するときは、解除の通知がアフィリエイターに到達する以前であっても、当社は、アフィリエイターに対して本サービスの一部または全部を停止することができます。

4 第1項に定める事由を除くほか、アフィリエイターが本規約に定める事項に違反または第13条(利用の停止)に該当し、相当な期間を定めた催告にもかかわらずこれを是正しないときは、当社は本契約を解除することができます。

5 アフィリエイターは本契約が解除されたときは、当社に対し負担する一切の金銭債務につき、当社からの通知催告がなくとも当然に期限の利益を喪失し、その時点における債務全額を一括して直ちに弁済します。また、アフィリエイターが当社に対して金銭債務を有している場合、当該金銭債務は消滅します。

6 本条各項に定めるサイト等の登録抹消により、本契約は当然に効力を失うものとし、当該アフィリエイターは本サービスの提供を受けられなくなるものとします。なお、当社は、これによって生じるいかなる損害、障害等に対しても一切の責任を負わないものとします。

7 本条に基づく解除により本契約が終了する場合に限らず、本契約が効力を失った場合、アフィリエイターは、直ちに指定広告をサイト等から消去するものとします。

 

第15条 (本サービスの終了)

当社は、都合により本サービスの提供を中止することができます。この場合、当社はその3ヶ月前までに、管理画面、文書、電子メールまたは当社のホームページへの掲載その他の方法により、その旨をアフィリエイターに通知します。本条に基づいて本サービスを終了した場合、当社は、アフィリエイターに対して、本サービスの終了に伴う損害、損失、その他の費用の賠償又は補償を免れるものとします。

第16条(規約の改定)

1 当社は、アフィリエイターに予告することなく、随時本規約を改定することができます。この場合、アフィリエイターは、以後のサービス利用については、改定後の規約が適用されることを承諾します。

2 当社は、本規約の改定を行う場合には、文書、電子メール、当社のホームページへの掲載その他の方法により、その旨をアフィリエイターに通知します。

3 規約の改定は、文書あるいは電子メールをもって通知する場合であっても、当社ホームページに掲載されて48時間が経過したときに、アフィリエイターに到達したものとみなし、効力を発します。

 

第16条(保証)

本サービスは現状有姿で提供され、本規約に明記されている事項を除き、当社は本件システムに関し、その品質、性能、商品性および特定の目的への適合性に対する保証を含め、あらゆる明示または黙示の保証をしません。

 

第17条 (免責事項)

1 当社は、本サービスの利用に関してアフィリエイターが被った損害又は損失などについては、一切の責任を負わないものとします。

2 当社は、本サービスの利用に際して、第12条 (本サービスの一時中断・停止)、第15条 (本サービスの終了)、第14条 (解除)、及び第16条 (規約の改定) があった場合等を含め、アフィリエイターが被った損害又は損失に対して、一切の責任を負わないものとします。

3 当社は、アフィリエイターが本サービスの利用によって、他のアフィリエイター又は第三者に対して損害を与えた場合、その一切の責任を負わないものとします。

4 当社は、アフィリエイターが本サービスを通じて得る情報などについて、その完全性、正確性、確実性、有用性など、いかなる保証も行わないものとします。

5 広告主は、指定広告の内容及びそのリンク先の内容に関して自らの責任によって定めるものとします。よって、当社は、広告主の実在、住所、営業内容その他の広告主に関する情報の内容、及び広告内容に関して、アフィリエイターに対し一切の保証を行わず、且つその真実性等を確認する義務を負わないものとします。

6 たとえ予期しない不正アクセス等の行為によって登録情報等を盗取された場合であっても、当社は、それによって生じるアフィリエイターの損害等に対していかなる責任を負わないものとします。

7 当社は、アフィリエイターが使用するいかなる機器、ソフトウェアについても、その動作保証を一切行わないものとします。

8 本サービス利用の際に発生した、電話会社又は各種通信業者より請求される接続に関する費用は、アフィリエイターが自己責任において管理するものとし、当社は、いかなる保証も行わないものとします。

9 当社は、本サービスの利用に起因して、アフィリエイターの通信機器又はデータ等に障害、毀損が発生した場合であっても、一切の責任を負わないものとします。

10 本条各項に定める他、当社の過失によりアフィリエイターに損害が発生した場合であっても、当社に故意又は重大な過失がない限り責任を負わず、また、当社に故意又は重大な過失があった場合であっても、本本契約に基づく当社の責任は、アフィリエイターが前月に受け取った第5条(広告掲載の報酬)報酬を上限とします。

 

第18条 (損害賠償の請求)

アフィリエイターが本規約に反した行為又は不正若しくは違法に本サービスを利用することにより、当社に損害を与えた場合、当社は該当アフィリエイターに対して相応の損害賠償の請求 (合意理的な弁護士費用を含む) を行う場合があるものとします。

 

第19条 (当社からの通知)

1 当社は、本サービスのWebサイト上での掲示や電子メールの送付、その他当社が適当と判断する方法により、アフィリエイターに対し、随時必要な事項を通知します。

2 前項の通知は、当社が当該通知を当社の本サービスのWebサイト上又は電子メールで行った場合は、本サービス上に掲示し又は電子メールを発送した時点より効力を発するものとします。

 

第20条(変更の届出)

1 アフィリエイターは、申込内容に記載の事項に変更があった場合には、速やかに当社所定の方法にて当社に対し変更の届出を行います。

2 当社はアフィリエイターが、前項の届出を行わず、当社からの通知、送付書類、その他のものが延着、又は不到達となったときであっても、それらが通常到着すべきときに到着したものとみなします。

3 アフィリエイターが前2項の届出を怠ったことにより生じたアフィリエイターの損失その他の負担について、当社は一切その責を負いません。

 

第21条(アクセス情報の管理)

1 アフィリエイターは、当社が付与したアクセス情報を、自己の責任のもとに厳重に管理しなければなりません。

2 アフィリエイターはアクセス情報の全部または一部が第三者に漏洩し第三者によって使用されている事が判明した場合、当社に対して速やかに連絡し、当社からの指示に従う義務を負います。

3 アフィリエイターは、理由の如何を問わず、第三者にアクセス情報を譲渡、開示もしくは貸与し、または使用させてはなりません、アフィリエイターがこれに違反して当社に損害を与えた場合には、アフィリエイターはその損害賠償の責を負います。

4 当社は、本サービスにおいてログインIDとパスワードの正しい組み合わせが入力された場合、その入力を行った者に本サービスの利用権限があるものとして取り扱います。

5 当社の責によらないアクセス情報の漏洩等によりアフィリエイターあるいはその他の第三者が損害を被ったとしても、当社はいかなる責任も負いません。

 

第22条(利用許諾の制限)

1 アフィリエイターは本サービスに関し、以下行為を行ってはなりません。

⑴ 提供された管理画面、取扱説明書、その他一切の情報を、第三者への提供、転売、閲覧

⑵ 本規約で利用許諾された方法以外の方法による本サービスの利用。

⑶ 本サービスの全部または一部に関し、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、デコンパイル、改変、翻訳、修正、派生品の作成および申込事項に記載のないアプリケーション以外の組込み。

⑷ アフィリエイターは、本サービスを、方法の如何を問わず第三者に対して再頒布、サブライセンス、レンタルまたは譲渡してはなりません。ただし、アフィリエイターが当社の定める手続きに従って申請し、当社が承諾した場合には、この限りではありません。また、本サービス利用権の譲渡に際して、譲渡先は本規約に同意するとともに、譲渡元の有していた一切の義務と債務を引継ぎます。

 

第23条(反社会的勢力の排除)

1 アフィリエイターは、当社に対し、自己または自己の役員、実質的に経営権を有する者もしくは従業員等(以下「役員等」と総称する)が、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる反社会的勢力(以下「反社会的勢力」と総称する)に該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。

2 アフィリエイターは、当社に対し、自らまたは第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約します。

⑴ 暴力的な要求行為

⑵ 法的な責任を超えた不当な要求行為

⑶ 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為

⑷ 風説を流布し、偽計を用いもしくは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為

⑸ その他、前各号に準ずる行為

3 当社は、アフィリエイターが次の各号のいずれかに該当し、または該当すると合理的に認められる場合には、何らの催告を要しないで、その時点までに両者間で有効に成立した契約の全部または一部を書面により解除することができるものとします。

⑴ 第1項または前項に違反する場合

⑵ 自己またはその役員等が、反社会的勢力に対し、出資、貸付、資金または役務提供等をして反社会的勢力と何らかの取引をしている場合等、反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有する場合

⑶ 自己またはその役員等が、自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってする等、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有する場合

⑷ 自己またはその役員等が、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有する場合

⑸ その他、前各号に準ずる場合

4 前項の規定によりその時点までに両者間で有効に成立した契約の全部または一部を解除した場合、当社は、かかる解除によりアフィリエイターに損害が生じてもその損害を賠償する責任を負わず、かつアフィリエイターに対し、かかる解除により被った損害の賠償を請求できるものとします。

 

第24条 (準拠法)

本規約に関する準拠法は、日本法とします。

 

第25条 (専属的合意管轄裁判所)

アフィリエイターと当社は、本規約に関連する紛争について、その訴額に応じて、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

 

第26条 (附則)

令和2020年 7月 20日 制定・施行